2回目の車検完了

地方は自動車がないと生活できないといっても過言ではない。ぼくは市街地に暮らしているので自動車の使用頻度は低いが、やはり無いと不便だろうと思う。

5年前に今の車ミニを買った。正確にはリース契約をした。リースは買い取りに比べて若干割高だが、自動車税や車検の費用を通年で平均して支払えるので、無精なぼくにはピッタリだと思う。

使用頻度が低いと言いながらも、5年間で随分あちらこちらへ行った。名古屋、東京、長野、大阪、神戸、静岡、伊勢、あとはどこだろう、一番遠いのは出雲大社か。ミニはご存知の通りのコンパクトな自動車。しかも現行車が出る直前の旧型だったので今のモデルより一回り小さな5ナンバー車。しかしながら長距離にはめっぽう強くて、疲れにくいいい車だ。意外なことに高速安定性も抜群で、ちょっと気をぬくと法定速度を随分超過してしますことも度々。結果的に控えめな運転を心がけることになるので、自動的に安全運転になるのもいいところ。

5年間で56000km走ったぼくのミニはこれでリースアップのはずだった。ところがそうもいかない事情がでてしまった。

リース契約を締結するときに残価を設定する。リース期間満了時の車両価値と残価が同じならそのまま車両を返却しておしまいとなる。ところが設定した残価を下回った車両価値しかない場合は不足の差額を支払って帳尻を合わせなくてはいけない。

そういえば、契約時に設定した残価について少々高すぎるんじゃないかと思いながらも、月々の支払額の安さにつられたこともあり、営業マンの言うがままの金額で(疑いもせず)設定したことを思い出した。

わずかな差額なら払ってしまうところだったが、思いのほか大きな金額だったので、その残価であと2年間リース契約を延長することにした。結果的に総額では当初の予想以上の大きな金額になってしまった。

もっとも、このミニは気に入っていたので乗り続けることにはなんの抵抗もないのは幸い。

この冬の間に徳島へ行くことを計画している。あと2年の間に、一体どのくらいの走行距離になるのか、楽しみではある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする