台湾へ行ってきました

未分類

少し前になるが、10月の終わりから11月にかけて台湾へ行ってきた。仕事の出張で約1週間の滞在だった。

台湾へは毎年訪れる。仕事で展示会の視察が主な目的だが、プライベートで訪台したことも何度かある。例年は3月の上旬なのだが今年はイレギュラーに10〜11月。この時期でびっくりしたのが航空券が高いこと。例年の場合だと、小松ー桃園をEVAAIR利用で往復5万円以下なのだが、今回は約8万円。しかも往路はエコノミークラスの空席が少ないせいか、ビジネスクラスの方が安いという逆転現象も起きていた。

もちろん、往路には安いビジネスクラスを選んだのはいうまでもない。

ただ、小松ー桃園は3時間半という短時間のフライトなので、ビジネスクラスに座るメリットは全くなし。フルフラットになるリクライニングなども試してみたけれど、寝るほどの時間もないので無用の長物。加えて、小松空港国際線ターミナルにはビジネスクラスラウンジがないため、エコノミーとの空港サービスには差別化なんて全く無い。待ち時間が長く、いつもより余計にビールを飲んでしまった。ビジネスクラスは長距離路線で利用しないと、意味がないことを実感した。

さて、台湾にいる間は仕事に追われてホテルと展示会会場の往復。夜も取引先などとの会食が続区ため、楽しい夜遊びなどをしている暇はほぼないのが現実。友人たちからは「年に何度も海外に行けて羨ましい」などと言われるが、観光らしい観光はほぼ皆無、ぼくも休暇で海外旅行に行ってみたいものだ。

しかし、今回は復路の飛行機の都合で、1日だけオフデイを設定することができた。展示会の最終日が土曜日で、翌日曜日に帰国しようにもフライトが超高額。行楽シーズンの日曜日だからしようがないのはわかる。そのためあえて延泊して月曜日のフライトで帰国することにした。

日曜日の朝に同業者の仲間と別れ、荷物を次のホテルに預けて身軽になる。そのあとは台北の観光地を徘徊することにした。

ベタですが、台北101↓

これは台北101の免震スタビライザー↓

猫空ロープウェイ↓

台湾のクラフトビール専門店↓

台湾といえば夜市↓

ほんの1日だけだったが、ぶらぶらするのは本当に楽しかった。次回は長めのオフタイムが取れるような旅程を考えたいと思った。

タイトルとURLをコピーしました